レディ

人気のコンシーラーで肌に自信を取り戻そう

自分にベストな製品探し

クリーム

年代やシーンに合わせて

ccクリームを選ぶときに注目したいのが、成分です。敏感肌の人は特に肌にやさしい成分のものを選ぶようにします。植物由来のものであればお肌をやさしくケアできます。添加物がなるべく少なく、お肌に刺激をあまりもたらさないものを選ぶことも大切です。他のクリームやファンデーションをあまり使いたくないのであれば、紫外線対策ができるものを選定します。紫外線によるシミやシワをccクリームで防ぐことができます。ccクリームにはチューブのタイプと容器のタイプがあります。チューブは絞り出して使うことができ、外出先でも気軽に持ち歩いて使用することができます。容器タイプは大きいものもあれば小さいものもあります。自分の手のひらに取りやすく、たくさん使いたい場合は容器が適しています。他にも、クッションタイプとバームタイプがあります。バームタイプは専用のブラシが必要です。より密着しやすく自然にカバーしてくれるのでカバー力を期待するのであればこのタイプを選ぶようにします。クッションタイプは保湿力のあるタイプです。特徴はその浸透力です。透明感のある肌に仕上げてくれ、不自然さを感じさせません。このタイプを使うにはコツが必要なので、ccクリームを使い慣れた上級者向けです。より本格的に使いたくなったらこのタイプを選びましょう。10代でも50代でも使えるのがccクリームですが、その中身はよく選ぶようにしましょう。紫外線の影響を受けやすい年代であればSPFが高いものを、アンチエイジングが必要になる年齢ではセラミドが配合されているものを選ぶなどしてください。